2014年9月アーカイブ

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」。隅田川高校2年の桐谷修二は、表向きは仲良く接している周囲の人々を自分より劣る者として内心ではバカにしていた。
その一方で、素の自分を誰にも見せられず、恋人である上原まり子にすらつい一線を引いて接してしまうことに病んでいた。
そんな修二の唯一苦手な人物が同じクラスの草野彰だった。彰は、優柔不断でおっちょこちょい、ちょっとピントがずれている。
そんな彰は、修二のことを『親友』と思い込み、なにかと絡んでくる。修二は、どうしても彰の前では調子がくるってしまう。
そんなある日、転校生がやってくる。その転校生の名前は、小谷信子。地味で冴えない暗い性格の少女は、いじめっ子の対象となってしまう。
修二は、本気で信子を心配しているわけではなかったが退屈しのぎにゲームとしていじめられっ子の信子を人気者に変貌させる『プロデュース』を行うことに決めた。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。